バーチカルの評判 2017年度 リフィル

今年でNZタイプ4年目です。一日の予定を一目で把握できるバーチカルタイプは,本当に便利です。また!これまではマンスリーのページが1年分まとまってあり!続いてウイークリーのページがあったのですが!マンスリーとウイークリーがセットになり!月毎に並ぶようになりました。

イマが買い時!

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

バーチカル リフィル[A5 バーチカル]手帳 2017 2016年12月始まり NZ-TYPE リフィル [NR027]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

そして、月毎の見出し?がつきました。NZ5年目です。表紙は!過去に買ったB5合皮のカバーを使い続けていて!評判が良いです。昨年!購入したスケジュール帳が週間予定の間に月間予定を挿入してあり!無駄なページが多かったので!今年そのショップで!サイズ違いの別のフォーマットを購入しました。週カレンダーの他に、横長の月カレンダー(見開きで3カ月)、またカレンダー型の見開き2カ月カレンダーもあります。迷う理由としては、私はスケジュールの間に何かのアイデアなどのメモを書き込むことが多いので、NXーTYPEのほうがメモ欄が多くてニーズに合っているかなあ、といつも思うんです。今年でこのタイプを使い始めて3年になります。仕事柄!一週間が均等で!時間軸が24時まであるものが必要な私。去年は、はじめてモレスキンに浮気しましたが、やっぱりHIGHTIDEのNZ-TYPEに戻ってきてしまします。。 変わらぬ使いやすさです☆。メール便対応なのも嬉しい。ウイークリーの日付の表示や!他にも細かなところがいろいろリニューアルしていますが!気に入って何年も使っているので!今年も楽しんでいきたいと思います。数年前!赤い(アンティークっぽい色のカバーの)手帳を買ったんですが!その次の年から!その色がなくなってしまったので!リフィルを買い続けています。3度目の正直。後から予定が入っても,時間の流れがすぐ把握できます。レイアウト・紙質・大きさ、すごく気に入っています。また!毎年!新しいデザイン内容が盛り込まれるのも楽しみとなりました。今年はマンスリーが2種類ですが、私としては、以前のスタイルのが好きです。A6サイズの大判なので,予定以外の記録も書き込めます。 2012年はマンスリースケジュール(横並び)が3ヶ月ごとになりました。そんな魅力があります。今年も手に入れました。アドレスのページも実は使うことがほとんどなかったので!付いていないのに感動しました。ビジネス仕様なので予定の多い方にオススメです。いつも売り切れになってしまうんです。 他の手帳も検討しましたが!やっぱりこのリフィルが使いやすいです。巻末に厚めの紙であった、引き出して使える年間スケジュールは他のページと同じ紙質となり見開きのページに収まり、巻頭に移動。仕事勤務時間がバラバラなので勤務、仕事の予定や内容、プライベートの3つを一冊に書けるのは有難いです。願わくばB6サイズのバーチカルも作って頂きたいです・・・。 もう1種類のマンスリースケジュール(1ページひと月)も増えたんですが、これは今までなかったので、どうやって使おうか悩み中。これまでマンスリーが1ヶ月1ページだったのが!2ページで1ヶ月と!スペースが大きくなりました。カバーがまだきれいなので,リフィルのみの注文にしてみました。本当は4月始まりが欲しいのですが!残念ながらこのシリーズにはありません。在庫があったら即!買いです。このB5サイズがビジネスには使い安いですし!とてもスマートな作りが好きです。その前はNX-TYPEを使っていました。今回3年目にしてやっと購入できました。ビジネス用のバーチカルタイプ手帳として4回目の購入です。そして、メール便対応ということも嬉しいですね。よければ来年もリピしたいです。 できれば今までのように!後ろの罫線メモの方が良かったかも…。他の手帳に浮気して感じたのが、紙の厚さの重要性。毎年のことなのですが!今年もNX-TYPEと迷い!結局こちらのリフィルを購入しました。。1週間の予定が見開きで見れて!小さいカレンダーで先の予定も確認でき!時間軸ごとに予定をしっかり書き込めます。ところが!それも作りは同じで…カバーは気に入っているけど中身を変えたいと!どうにも困っていたところこのショップを見つけて!フォーマットは週間予定だけをひとまとめにしてあるようで!しかもリフィルがあったので喜んで購入しました。しかも年間予定表は!スケジュールを開いたときに横に出して見られるように蛇腹折りになっていました。ただひとつ不満なのは、ウィークリーページ下の角を切り取れないことです。ペンで予定を書き込むので!ある程度の厚みがないと透けて気持ち悪かったです(苦笑)。万年筆で書きこんでいますが!裏うつりも少なく!紙質も良いと思います。週間予定表が固めてあるのはもちろん!月間予定表が横軸になっていて!見開きで2カ月分。月間スケジュールはいくつかのジャンルの進行過程を同時に書けるのでとても便利です。このような変更点の影響で!ページ数が増えることとなったためか!巻末の地図やいろいろな付録のページがなくなり!路線図は別紙で付属しています。今年も売り切れる前に購入しました。[]ずっとここの手帳を愛用しています。私のようなコテコテ日本人に馴染みにくいようです。ハイタイドさんのものはどれも すっきりしたデザインがよいですね。毎年手帳を購入してみるものの活用しきれず挫折を繰り返していました、、。とても使いやすいです。そしてバーチカルタイプは!細かいスケジュール管理がとてもしやすく!また!横方向に見ると週間予定のようにも使え!とても重宝しています。。毎年東急ハンズなどで購入していたのですが、ここ数年は早々とお取り寄せしなければ入手できず面倒に思っていたらココにありました!! 朝から夜中までのバーチカルで土日も均等で配色も落ち着いていて非常に使い易いです。このタイプしか利用したことがないので!他のと比べてとか分かりませんが!私にとってスケジュール帳は!バーチカルが一番使いやすいですね。ただNX-TYPEの月間スケジュールもぱっと見て使いやすいので、同じような形の小さなスケジュール帳を買い足してNZ-TYPEに挟んで使っています。クオバディスモレスキンは!月とか曜日とか祝日の表示とかが。2017年版は、いろいろとリニューアルしました。NZを持っていると、手帳は使いやすさが命だとしみじみ思います。また!プライベートでも利用できそうなブロックタイプの月間のページもできて!とても気に入っています。4月始まりが出れば完璧です。金銭記録や,ミーティングのメモも全部書き込んでいます。でも!こちらの月間スケジュールやイヤープランは非常に使いやすいので結局総合力でこちらを選んでいます。しかしこちらの商品を見てマンスリーの三ヶ月ぶんが記入できるページをみて、これだ!と思い購入しました。まだ使用してないので☆5とはいきませんが、期待を込めてます。一度、ほぼ日に浮気したり限定星の王子様バージョンモレスキンを買ってみたり…とありましたが、結局これを買い直すことばかり。特に、HIGHTIDEのNZタイプは週間は縦軸がもちろんシンプルで見やすく、月間は2012年版は3カ月分を横軸で見られるようにいなっていて、ビジネスにはとても管理しやすくなりました。今後は、このスケジュール帳を利用させていただこうと硬く心にきめたところでした。心なしか全体的に紙が薄くなった気がしますが、気のせいかもしれません。こちらの NZ-TYPE は!ウィークリーページを見ながら引き出して使える年間スケジュールが使いやすそうで気に入りました。去年、今年の分を購入してとても使いやすく、今年も来年用を早速購入しました。本当は4月始まりがあるとうれしいのですが。ウイークリーが連続しなくなったので、月の変わり目が週の途中になる場合は余白となり、これはこれで書くスペースとして便利です。長い目で予定を組みたいときは見開き2カ月を使用、体調管理に横長の月カレンダーを使っています。少しフォーマットを変えてあったのですが!使いやすい変化でした。ここ数年ずっとバーティカルを使っています。これは!そこそこ厚くて!透けにくいと感じます。実際商品を見て!「使いやすい」の一言しかでません。本当に年!月!週!日!時!の各時系列がスッキリします。以前ほどスケジュールがいっぱいというわけではないのですが、この手帳から離れられない。週単位なので!紙が厚くできるのでしょうかね。来年は切り取れるようにしていただけると嬉しいんですが・・・仕事用に使用して、3年目です。